FC2ブログ

花粉&ベンチの作成

くしゃみの音がバカでかいあまんです。
どの程度というと、、、昨年ショッピングモールでくしゃみしたら離れた所にいた寝ていた赤ちゃんが泣いちゃいました。
そんなあまんも花粉症持ちです。先週末から鼻水とくしゃみがとりません(泣)
赤ちゃん達に嫌われたくないので日々ドラッグに手を染める毎日です。
でも、ヤク中になるといかんので、これ↓↓↓もやってます。
花粉荷
ミツバチ達が足に付けて帰ってくる花粉荷(カフンカ)
花の花粉をハチミツで団子状にしたものですが、実は花粉症にも効くらしい、、、
確かに、ここ数年症状は若干楽になっているような、、、、気のせいかな~~
信じる者は救われる!!だから、信じよう←って自分に言い聞かせてます。
↑↑↑みたいな根性論だけでなく、花粉荷を原料にした花粉症の薬もあるみたいです。
それにビタミン・ミネラルのバランスもよく日々の健康維持にも役立ちます。
(汚い話ですが飲むとションベンが黄色くなります。たぶんビタミンB2のせいですね)

さて、もうすぐすると暖かくなり、花見の時期がやってきます。
狭い狭い直売所ではお客さんも押しくらまんじゅうになってしまいますので、ベンチつくってみました↓↓↓
直売所ベンチ
養蜂場の整備時に切り倒したクヌギの切り株に昨年に建築屋さんからタダでもらってきた木の板を乗せて完成。
素人感があり、あったかさのある仕上がり(単に下手なだけではないですよ!!)です。
よかったら、座ってみてください。

ハチミツの結晶

文字色最近寒波って言葉をよく聞くような気がするあまんです。
要はすごく寒くなるぞ!!って話ですが、ミツバチたちへの影響は、、、、、
実は養蜂家的には冬場は下手に暖かいよりは寒い方が助かります。
ミツバチ的にはどっちがいいかは聞いてみても答えてくれないのでわかりませんが、、、。
冬場でも風がなく、日差しがあったかいとミツバチ達は餌を探して飛びまわっちゃいます。
その結果、寒さに負けて凍えて帰ってこれない(凍死)ミツバチが発生しちゃうんです。
悲しいですね~~
冬はしっかり寒くて、梅が咲きだす頃からしっかりと温かくなるのが養蜂家的にはベストです。
ですが、、、、毎年あったかくなったと思ったら、寒い日が続いたりしてミツバチの数が思うように増えてくれないんですよね。
この頃(どの頃だ??←今頃だ!!)はちみつ(ミツバチじゃないよ)はと言うとこんな感じ↓↓↓
春二番結晶初夏一番結晶
左が春二番で右が初夏一番のはちみつです。
限界まで高められた糖度は冬場の冷え込みで結晶化しだしております。
結晶が早い、遅い(多い?少ない?)ってのは含まれる糖の種類によって変わってくるみたいです。
(確かショ糖とブドウ糖の割合が関係していたような、、、←うる覚えでスイマセン)
峰山ハチミツでは非加熱状態で提供するため、結晶したものはそのままの状態にしております。
あっ!!、味見用の試食に関してはホットカーペットの上で20~30℃にしてます。
なんせ、結晶すると試食できませんから。

結晶したままシャリシャリとした食感を楽しむ方もおられますが、使いにくいって方もおられますよね。
そういった方は50~60℃のお湯でゆっくりと気長に温めると結晶が溶けてなくなります。
その際に注意点が2つ。
①高温にしない
↑↑↑せっかくの花の香りが無くなって、甘ったるくなっちゃいます。
②溶かすときは気長に徹底的に溶かす
↑↑↑小さな結晶が残っているとそれが核となって再度結晶するまでの期間が短くなります。
きれいに溶かすと再結晶するまでの期間が長くなります。

結晶を溶かされる場合には上記注意事項に気を付けて実施してください。

四国地区養蜂研究会+ほんまもんマルシェ(キトクラス)

今年もブログをサボりまくっているあまんです(汗)
さて、この週末は気温も高く、お天道様も頑張ってくれぽかぽか陽気でしたね。
その為か直売所&カフェの近所の峰山公園に多くの方が遊びに来られてました。
冬場なので油断しておりましたが、直売所&カフェもおかげさまで大盛況です。
と言いつつも、、、、あまんは店番に出ておりませんでした。(←は店番の母親の話です)
さて、当のあまんはというと学生時代を思い出すようなスケジュールで動いておりました。
【土曜日】
子供のサッカーの送迎⇒散髪⇒高知市にて四国地区養蜂研究総会出席⇒親睦会⇒二次会⇒三次会⇒車内にて就寝(25:00)
【日曜日】
起床(5:00)⇒高松の家で風呂⇒丸亀のキトクラスにてマルシェ⇒洋服屋のセール⇒帰宅
ということで、大変疲れました。日曜日は21時に寝て翌朝7時まで全く起きることなく安眠させて頂きました。

まずは四国地区養蜂研究会!!
四国地区養蜂研究会
四国で養蜂をする有志が集まり講師の方に農薬によるミツバチへの影響に関しての講演を聞いたり、最新の養蜂器具の説明などがありました。
その後は親睦会と称した飲み会の後に高知の町で2次会、3次会と酒を飲みながらの情報交換でした。

日も上がらない明け方、寝ぼけながら香川に帰ってきて参加したのが
丸亀の山一木材さんのカフェ部門キトクラス主催のほんまもんマルシェ
キトクラス
今回はスープとパンがメインでパンと言えばハチミツなので参加させて頂きました。
準備中
人手不足のために彼↑が急きょバイトで参加(日給¥200と昼飯代として¥1000で契約しました)
↑昨年のラベル貼りは時給¥10だったのでかなりの昇給です。
そしてもう一人のスタッフが彼↓⇒直売所&カフェのお手伝いもしてもらってます。
蜜蝋キャンドル
人手不足の理由が↑↑↑のミツロウキャンドルのワークショップです。
二人にはお試しで開店前に試作してもらった時の写真ですが、試食販売とワークショップを同時に開催するという荒業に出た結果バタバタの対応で来場頂いた方にゆっくり話ができず申し訳ありませんでした。

ということで、マルシェ開催中の写真は全くありません。
言葉で説明すると、目の前でトン汁の鍋がことこといい匂いをだして、横を向くと美味しそうなパンが沢山並んでいて、目の前には蜂蜜とみかんジュースの試食が並んでる。あ、ナッツの蜂蜜漬けも!!
後ろを振り返ると子供も大人も入り混じって夢中でミツロウキャンドルづくりを体験中。
ひと段落つくとクイズ大会お料理教室みたいなので実施されてました。
一言でいうと販売ではなく遊びに行きたいマルシェでした。

姫路のB級グルメ、唐々鍋・三左衛門。

ほんとうに個人的な記事ですが、姫路にどうしてもまた行きたくなるお店があります。

それが、唐々鍋・三右衛門。唐々鍋とは姫路発祥の唐辛子の効いたスープのホルモン鍋なのですが、これが辛いのに甘くて本当に美味しい!決して近くない姫路ですが今回で3回目の訪問です。

唐々鍋

こちらがメニュー。お鍋の辛さが選べます。今回リピーターぶって5にしましたが、3でいいかな・・・。

メニュー

でもまずは焼き肉!せせりやとり皮に美味しくって辛い唐辛子がついています。。これをジューッとします。
焼きしゃぶも美味しい。お米とお肉が妙に美味しい兵庫県。海の方に行けばカニもあって、うらやましい!

とり皮・せせり

これが唐々鍋!!ホルモンもスープの染みた油揚げもわかめももやしも美味しい~!

辛さ5

お値段も低価格。姫路に行った際はぜひ!写真見ていたらまた食べたくなってきました!!

唐々鍋発祥の店 まるよし直伝の味 三左衛門店

唐々鍋の店 三左衛門店
住所 兵庫県 姫路市 三左衛門堀西の町89
TEL 079-222-6629
定休日 無休
営業時間 平日  17:00 ~ 24:00 土日祝 12:00 ~ 24:00


おしゃべりペンChan

家に帰ったら、うるさい子供たちが誰もいなかったあまんです。
あまんが家に帰る時間にはいつもいるはずの子供たちが(嫁も)誰もいませんでした。
どっか買い物にでも行ったのかな~~ってリビングに入ると物音が!!
あせって振り返ると誰もいない!!
気のせいかと思い動くと、また物音が!!
ここで犯人に気づきました↓↓↓
おしゃべりペンちゃん
我が家のアイドルおしゃべりペンChan
人がしゃべるとそれを真似してしゃべるお人形です。
おしゃべり一家の天野家の中でも一番のおしゃべりさんです。
どうも私が家に入った際の物音を真似していたみたいでした。

泥棒じゃなくてよかった~~
峰山ハチミツ ホームページはこちら
ハチミツ、蜜蜂、種蜂
ご購入したい方は、
下記URLをクリックしてください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://mineyama-honey.com/
峰山ハチミツ
★閲覧ありがとうございます★
プロフィール

あまん

Author:あまん
高松の海と山をこよなく愛する若手養蜂家の「あまん」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR